【重症】生後5カ月でRSウイルスに感染した時の症状と経過!

RSウイルスの症状と経過 不妊治療

こんにちは。咲音(@jiyuukosodate)です。

娘が生後5カ月の時、RSウイルスに感染しました。

息子が登園している保育園でRSウイルスが流行っており、息子も咳をするようになった矢先の事でした。

4歳の息子の症状は咳と微熱、微熱は3日、咳は1週間程度続きましたが、微熱以外は保育園に登園できました。

しかし、息子から娘にRSウイルスが感染し、生後5カ月の娘にはとても大変な日々になりました。

RSウイルスに感染した娘の経過をまとめておこうと思います。

鼻水と咳が初期症状、2日後発熱

あれ~、鼻水が沢山出るな~

と思った次の日から咳まで出始め、鼻水が出始めてから2日後、38℃台の熱発。

赤ちゃんの発熱は怖いので、すぐに病院を受診。

新型コロナウイルスが流行していた時期でしたが、主治医の判断でPCR検査はしませんでした。

主治医の判断で診察後、そのまま経過観察で帰されるところでしたが、息子の登園している保育園でRSウイルスが流行っていることを伝えると、検査をすることになりました。

検査結果はもちろん陽性。

RSウイルスの検査は1歳以下しかできないそうです。

RSウイルスは特に生後6カ月未満の乳児が感染すると、重症化しやすく、人工呼吸器を装着する場合もあるという、侮れないウイルスです。

主治医は経過観察との判断。

事前に検索し、情報を仕入れていたので、特に症状がひどくなる夜間、どのような状況になれば救急車を呼べばいいか確認しました。

すると、

お母さんの判断でいい。

乳児は重症化しやすいので、怖かったら救急車を呼んで、RSウイルス陽性であることを伝えればいい。

救急車を呼ぶことは悪いことではない。

新型コロナウイルスが流行しているおかげで、どこの小児科も空床だから入院はできると思う。

とのこと。

娘の場合、ぐったりしているわけでもなく、なんとか水分は取れていたので、解熱剤と咳止めの薬だけもらい帰宅しました。

鼻水で呼吸ができない!咳で大量に吐く!

鼻水が出るので、息継ぎが出来ず、水分も1回に多くは取れません。

そのため、頻回授乳することになり、娘も私も眠れない夜が3日ほど続きました。

特に咳は夜間に強くなり、授乳後必ず嘔吐。

咳が出て寝られないので抱っこ紐を使いましたが、咳でなかなか眠れません。

呼吸するたびに「ゴロゴロ」と痰が絡んでいます。

嘔吐の量も飲んだ分全部吐いてしまうため、娘の体重も減少しました。

さながら、マーライオンのように勢いよく吐いていました。

救急車を呼ぶことも考えましたが、ぐったりはしていなかったため、息子をみてくれる人もいないため、呼ばずじまいでした。

しかし嘔吐物が詰まったりしたらどうしようと、怖くて一睡もできませんでした。

娘は本当に辛い夜だったと思います。

熱が一晩で下がった!と思ったら微熱が出る

38℃あった熱も次の日の朝には36℃台へ。

相変わらず鼻水と咳はあるものの、薬を飲ませても吐いてしまうため、様子をみる事しかできませんでした。

しかし、一旦解熱したものの、昼過ぎには37℃台へ。

夜間も微熱のまま経過し、やっと症状が出始めてから5日後に解熱しました。

完治まで1週間強!咳は長引く

解熱したものの、特に咳は長引き、1週間以上続きました。

発熱した3日間以降、嘔吐の回数は徐々に減少していきました。

しかし、授乳後30分程度は縦抱して、深い眠りについてから横にするように注意しました。

解熱⇒鼻水改善⇒咳改善と順に症状が収まっていきました。

幸い娘はぐったりせずに、自分で寝返りするなどしていました。

赤ちゃんは急変もある!ひどい場合は入院も!

症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。しかしながら、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

厚生労働省ホームページより引用

RSウイルスは生後6カ月未満の赤ちゃんにとってはとても怖いウイルスです。

息子の通う保育園では生後5カ月の赤ちゃんがRSウイルスに感染し、入院したようです。

娘は生後5カ月でRSウイルスに感染しましたが、あまりにも嘔吐するので、非常に辛い思いをしました。

幸い、重症化はしませんでしたが、入院した方が安心だったと思います。

入院で付き添いがいるとなると、他の兄弟の世話を誰がするのかという問題も出てきますが、乳児は急変しやすいので注意が必要です。

折角この世に生まれた命、大切にしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました