【死産時の入院】入院3日!入院費用を公開

こんにちは。咲音(@jiyuukosodate)です。

私たち夫婦にとっての第2子は救急車にて総合病院に搬送され、死産となりました。

入院期間は3日。

この時かかった入院費用を公開します。

入院期間は3日、かかった費用

入院期間は3日間。

個室に入院していました。

個室差額料は7000円。

入院費の合計は221,060円。

出産一時金は420,000円。

420,000円-221060円=198,940円が口座に振り込まれました。

入院費の明細

入院費の詳細は以下の通りです。

室料差額 21,000円

分娩介助料 114,000円

産科医療保障制度 1,6000円

検査・薬剤料 3,000円

その他 6,160円

一部負担金 60,900円

これで合計221,060円。

死産のため、当たり前ですが新生児管理保育料は請求されていません。

救急搬送した産院からも請求書が届く

総合病院に救急搬送される前に産院を受診しました。

そのため、産院からも請求書が届きました。

産院に対する不信感が強かったので、これには嫌悪感を抱かざるを得なかったです。

内容は以下の通り。

再診料・時間外対応加算 496点

診療情報提供料 250点

超音波検査 530点

酸素吸入 65点

酸素補正率 11点

その他 2,270円

請求金額合計 6,330円でした。

請求書は送られてきましたが、特にコメントもなかったです。

何故このようなことになったのか理解できず、私は産院に殴りこんでいくぐらいの気持ちでした。

入院日数にもよるが、費用は無事に出産した時の1/2

長男を出産した時の入院費用は入院5日で約500,000円でした。

娘を死産した費用はその約1/2。

赤ちゃんがいない分、費用がかからないようです。

救急搬送される前に受診した産院には、夫が払いに行きました。

経腟分娩なので、帝王切開の場合はわかりませんが、死産の場合は出産一時金を上回ることはなさそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました